メッキ品や張り製品の刻印と貴金属との見分け方

メッキ品や張り製品の刻印と貴金属との見分け方地金素材

市販されているアクセサリーには、

・素材そのもの
・メッキ品
・張り製品

 

があります。

 

今回は、メッキ品と張り製品などに見られる

「紛らわしい刻印」のまとめと、「貴金属かどうか見分け方」について解説致します。

 

メッキ製品に見られる刻印

メッキは、金メッキ以外にも「ロジウムメッキ」や「ニッケルメッキ」など、たくさんの種類があります。

 

見た目はゴールドの色でも、元の素材はシルバーや真鍮など他の金属を使用する事で、

価格を下がり、より気軽にファッションを楽しめるのがメッキ製品のメリットです。

 

しかし、メッキはやがて剥がれますので、元の素材の地色が剥きだしになり、

変色や腐食してしまい、見た目が損なわれるといったデメリットがあります。

 

下記の表は、メッキを施した製品に見られる刻印で、全てメッキ品になります。

これらの刻印は、メッキの純度(K18、K14)などに続けて打刻される事も多くありますので注意が必要です。

 

メッキを施した製品に見られる刻印

刻印意味
GP[Gold Plated]金メッキ(K24GP、GP18K等)
GE,GEP[Gold Electro Plated]金メッキ(K24GE、K18GEP等)
HGE[Hard Gold Electroplated]金メッキ(K24HGE等)
RH.P[Rh Plated]ロジウム(元素記号でRh)メッキ
PTP,PP[Platinum Plated]プラチナメッキ(Pt900 PTP等)
M(1M,3M等)1M(ミクロン)の厚さのメッキという事 「K18 3M」など
E.P.N.S[Electro Plated Nickel Silver] 銀メッキ

 

張り製品に見られる刻印

「張り」とは、元の素材(真鍮など)に、

薄い貴金属膜を圧着させたもので、メッキよりも剥がれにくい製品になります。

 

特に「GF(ゴールドフィルド)」は、14金の色合いを持ちつつも、安価で加工しやすい事から、手作りアクセサリー用のパーツとしても数多く生産されています。

メッキよりも長持ちしますので、人気がある素材です。

 

「GF(ゴールドフィルド)」以外にも、ホワイトゴールド張りやプラチナ張りなど白色系の素材もあります。

下記の表でまとめたものは、全て張り製品になります。

 

張り製品に見られる刻印

刻印意味
GF[Gold Filled]金張り(K18GF、K14GF等)
1月20日圧着した「金の重量」が「素材総重量」の1/20以上(5%以上)の場合に打刻されます。(1/20 14K GF 等)
GS,GR[Gold Shelled,Gold Rolled]金張り
RGP[Rolled Gold Plated]金張り
GT[Bright (or Gilt) Gold-Plated]金箔張り
WGF[White Gold Filled]ホワイトゴールド張り
PTF,PR[Platinum Filled,Platinum Rolled]プラチナ張り

 

数字とアルファベットの刻印

数字やアルファベットで打刻される刻印は、ダイヤやルビーなどをセッティングした製品に打刻されます。

 

石目(キャラ目)

「0.231」「0.01」などの数字は、ダイヤやルビーなどのキャラット数(重さ)を表す刻印です。

中石と脇石がある指輪などの場合は、通常、中石の石目刻印と、脇石の石目刻印は分けて打刻されます。

 

アルファベット刻印

次のように、アルファベット1文字で打刻されている刻印は、世界四大宝石の頭文字を取ったものです。

複数の宝石を使用する場合には、「D 0.214 R 0.04」など、分けて打刻されます。

  • 「D」 ダイヤモンドの頭文字(D 0.231 等)
  • 「R」 ルビーの頭文字(R 0.231 等)
  • 「E」 エメラルドの頭文字(E 0.231 等)
  • 「S」 サファイアの頭文字(S 0.231 等)

 

 

石目(キャラ目)刻印まとめ

刻印意味
キャラ目、石目「0.231」「0.01」などの数字は、ダイヤやルビーなどのキャラット数(重さ)を表す刻印です。
Dダイヤモンドの頭文字(D 0.231 等)
Rルビーの頭文字(R 0.231 等)
Eエメラルドの頭文字(E 0.231 等)
Sサファイアの頭文字(S 0.231 等)

 

貴金属かどうかの見分け方

ジュエリー制作においては、貴金属材料を使用しますので、あまり偽物を気にする必要はありません。

しかし、制作を続けていると、お客様から「これって本物?」などと聞かれる時があります。

「偽物」と断言しないまでも、貴金属かどうかの見分け方を知っておく事も大切です。

ここでは、貴金属かどうかの見分け方について解説します。

 

①刻印を見る

刻印を見ると、ある程度見分けられます。

 

刻印がない

刻印がない品は、貴金属製品ではなく、メッキ品である可能性が大きいと言えます。

 

メッキや張り製品の刻印がある

「メッキ品・張り製品」の刻印があれば、もちろん貴金属ではありません。

 

あとK

「18K、14K」など、後ろにKがついている(=あとK)は、海外製品に多く見られ、金の含有率が低い品が存在します。

「あとK」を見たら、疑ってかかります。

なお、「あとK」の後に、カラット刻印(キャラ目、石目)がある場合、本物である可能性が高くなります。

 

造幣局の刻印がある

造幣局で打刻してもらえる刻印(日本国旗のマーク)があれば、信用できます。

 

プラチナの「P.M」「P.m」

日本製の古い製品に「P.M」や「P.m」と打刻された品があります。

これらは、プラチナ含有率70%~85%とばらつきがありますので注意が必要です。

 

石目の刻印がある

「0.231」「0.01」などの数字は、ダイヤやルビーなどのキャラット数(重さ)を表す刻印です。

これらの刻印があれば、ある程度信用できます。

 

②見た目の色を見る

かなりの経験が必要ですが、見た目の色である程度見分ける事ができます。

 

手持ちの金製品と見比べる

メッキ品でない金製品があれば、見比べる事である程度判断できます。

 

地色が露出していないかチェックする

メッキ剥がれなどで、表面の色とは異なる色(製品のベースとなっている金属)が見えていないか確認します。

また、留め具と本体の色が異なる場合は注意が必要です。

 

少し削ってみる

加工できる場面が限られますが、カッターなどで少し削ってみて、地色(製品のベースとなっている金属)が見えないか確認します。

 

③重さを確認する

見た目の色同様、かなりの経験が必要ですが、重さで判断できます。

 

軽すぎないか

例えば、18金と真鍮では、2倍近く比重が異なります。

比重とは、1立方メートルの水の重量1gを基準として、全く同じ容積の場合の重量になります。

18金の比重は約15.4、真鍮は約8.4ですので、全く同じデザインなら金の方が重いはずです。

 

査定してもらう

購入後に不安な場合は、買取業者に査定してもらうのも選択肢です。

はっきりと「偽物」とは断言しないと思いますが、査定額によって、本物かどうかわかります。

 

④磁石を近づける

元の素材にもよりますが、貴金属は磁石に反応しないため、磁石を近づけて反応する製品はメッキ品です。

ただし、シルバーや真鍮は磁石に反応しませんので、他の方法と合わせて確認する必要があります。

また、留め具には「スチール製バネ」が使われている場合もあります。留め具だけでは判断できませんので注意してください。

 

メッキや張り製品の刻印と貴金属との見分け方まとめ

今回は、メッキ品や張り製品の刻印についての解説と、貴金属との見分け方についてご紹介しました。

 

「本物」か「偽物」かという定義は、やや曖昧です。

例えば、

「18金です」といって、18金のメッキ製品を渡した場合は「偽物」です。

当然、これは詐欺です。

 

しかし、

「18金のメッキ製品です」と説明され、理解して購入した

のであれば、それは偽物でも本物でもなく、単に「メッキ製品を購入した」という事になります。

 

素材としての「選択肢」だという事を理解しておきましょう。


メンバーについて

 

このサイトは、一部を除きメンバー制となっています。

メンバーについて


【365日】誕生日石マガジン

毎日の「誕生日石」と「石言葉」を、メールでお届けする無料メールマガジン。

宝石の言葉を聞いて、ハッピーな1日をお迎えください。

【365日】誕生石マガジンを見る