【東京赤羽】ジュエリー教室「赤羽彫金 銀ゆび輪」を紹介!

【東京赤羽】ジュエリー教室「赤羽彫金 銀ゆび輪」スクール内イメージ画像 ジュエリースクール・彫金教室
ブックマークする (0)
Close
[私のブックマーク] 

東京赤羽にあるジュエリースクール「赤羽彫金 銀ゆび輪」は、

気軽に指輪作りも体験できる彫金教室です。

 

赤羽駅から約6分という好立地、明るく清潔感のあるジュエリースクールで、気軽にジュエリー制作を学ぶことができます。

 

当サイト「ジュエリークラフト」では、今回、東京赤羽にあるジュエリースクール「赤羽彫金 銀ゆび輪」を訪れ、教室内の雰囲気や受講内容について撮影取材を行ってまいりました。

 

「赤羽彫金 銀ゆび輪」の特徴や魅力、設備環境や教育に対する思い、学べる内容など、詳しくご紹介致します。

 

これから、彫金教室やジュエリースクールでの受講を検討されている方は参考にして頂けると幸いです。

ぜひ最後までご覧下さい。

 

 

「赤羽彫金 銀ゆび輪」の場所

「赤羽彫金 銀ゆび輪」は、赤羽駅から約6分の場所にあります。

近くに飲み屋街があるので、帰りにちょっと呑んで帰るのもおすすめです。

 

↑(クリックで拡大)赤羽駅から約6分という好立地(画像出典:Googleマップ)

 

 

東本通りを進んで、ちょっと路地に入ったところに、

かわいいレトロな自転車がありますので、迷わず辿り着く事ができます。

 

↑かわいいレトロな自転車がお出迎え

 

赤羽彫金 銀ゆび輪の場所
スクール名
赤羽彫金 銀ゆび輪
郵便番号
〒115-0045
住所
東京都北区赤羽2丁目49−2 ゼィーネットスクール赤羽プラザ 2F
最寄りの駅またはバス停
赤羽駅から約6分

 

⇒「赤羽彫金 銀ゆび輪」の詳細を見てみる

 

「赤羽彫金 銀ゆび輪」とは

「赤羽彫金 銀ゆび輪」は、代表兼講師である太宰朋子先生の、彫金とジュエリー制作に対する情熱から生まれました。

 

太宰朋子先生は、ご自身の子供が高校生になったタイミングで「彫金(ちょうきん)」を始められたそうです。

 

“自宅でジュエリーが作れる”

 

その事を初めて知った太宰朋子先生は、2013年から彫金師の元で「彫金(ちょうきん)」を学び、

10年間の修業を経て、2023年にオープンしたのが

「赤羽彫金 銀ゆび輪」です。

 

江戸時代から伝わっている技法「彫金(ちょうきん)」を、子供からお年寄りまで、

たくさんの人に魅力を知ってもらい、楽しんでもらいたい。

 

そんな思いから、

気軽に楽しめる彫金教室「赤羽彫金 銀ゆび輪」が誕生しました。

 

1人ひとりの個性を大事に

「赤羽彫金 銀ゆび輪」では、単に技術を教えるだけでなく、受講生1人ひとりの

クリエイティブな表現と、コミュニケーションを重視しています。

 

実用的で実践的な技法やノウハウはもちろん、

受講生自身が自分のアイデアを形にできるようにサポートし、各個人の個性や技術レベルに合わせて教えている

という事でした。

 

「赤羽彫金 銀ゆび輪」代表兼講師の太宰朋子先生

 

 

気軽に彫金が楽しめる

「彫金(ちょうきん)」というと、敷居が高いイメージを持つ方もいらっしゃるかもしれませんが、

 

「赤羽彫金 銀ゆび輪」では

“気軽に彫金を楽しんでもらいたい”

という思いがあります。

 

そのため、「赤羽彫金 銀ゆび輪」には、ほっこり、心が和むような配慮が施されており、

清潔かつ明るい雰囲気で、とても落ち着く空間となっていました。

 

↑(クリックで拡大)気軽に彫金を楽しめる空間

 

 

設備環境

「赤羽彫金 銀ゆび輪」のスクール設備環境は、「彫金(ちょうきん)」の基本的な工具はもちろん、

よりステップアップして技法を学びたい人のための機械工具類も完備されています。

 

また、「七宝(しっぽう)」が学べるよう、電気炉や釉薬も用意されていますので、気軽に学ぶことができます。

 

ここでは、「赤羽彫金 銀ゆび輪」の、ジュエリー制作における設備環境について、写真と共にご紹介してまいります。

 

明るい教室

まず、「赤羽彫金 銀ゆび輪」の教室内は、とても明るく、清潔感に溢れていました。

 

「彫金(ちょうきん)」が楽しめる彫金机と、「七宝(しっぽう)」を楽しむための机は分けてあり、

目的に合わせてゆっくり作業できるよう配慮されていました。

 

 

↑(クリックで拡大)清潔感のある、明るい教室内

 

 

基礎工具が豊富

「赤羽彫金 銀ゆび輪」では、

手作りシルバーアクセサリーの体験も人気です。

 

初めて「彫金(ちょうきん)」をやられる人も多いので、

基本的な工具類は豊富に用意されていました。

 

手ぶらで訪れて、指輪やネックレスなどのジュエリーアクセサリーを制作できる、そんな環境が「赤羽彫金 銀ゆび輪」には整っています。