このページに表示されている外部サイトへのリンクには広告が含まれています。

彫金用タガネの「焼き入れ」と「焼き戻し」:基本工具の作り方

彫金用タガネの作り方 彫りや刻印

彫金用のタガネを自作する場合、

  • 赤タガネ
  • 青タガネ(ハイスタガネ)

のいずれかを主に使用します。

 

↑赤タガネと青タガネ

 

 

青タガネは、ヤスリで加工出来ないため、グラインダーと砥石で仕上げますが、

赤タガネはヤスリで加工出来ます。

 

そして、加工した後、

硬くするために「焼き入れ」を行います。

 

ただし、焼き入れしただけだと、硬くなりますが、

脆さも加わり、刃先が割れてしまう事もあります。

 

そのため、焼き入れした後、「焼き戻し」を行います。

こうする事で、粘りや強靭性が高まり、割れにくいタガネとなります。

 

今回は、タガネの「焼き入れ」と「焼き戻し」について、動画を交えて詳しく解説してまいります。

 

 

 

タガネの焼き鈍し

タガネの焼き入れと焼き戻しの前に、「焼き鈍し(やきなまし)」について解説します。

 

まず、タガネの先端2cm位を真っ赤になるまで熱します。

その後、空中でゆっくりと放冷します。

 

これで焼き鈍しとなり、ヤスリや糸鋸での作業が可能になります。

 

タガネの焼き入れ

次に、タガネの焼き入れについて解説します。

 

まず、タガネの焼き鈍しの時と同じように、

タガネの先端2cm位を真っ赤になるまで熱します。

 

この後、油で急冷する事で「焼き入れ」となります。

(水でも問題ありませんが、場合によっては割れが生じることがあります。油は食用油でも問題ありません。)

 

https://youtu.be/TROg51p6L7s

 

焼きが入ったタガネは、ヤスリでの加工ができなくなりますので、ヤスリをかけてみれば、焼き入れが成功したかどうかわかります。

 

タガネの焼き戻し

焼き入れしたタガネは、硬くなりますが、同時に”脆さ”も加わります。

そこで、焼き戻しを行う事で粘りが加わって、割れにくいタガネに仕上がります。

 

やり方は次の通りです。

注意点として、

焼き入れの時とは、異なる炎で作業することです。

タガネの「焼き入れ」と「焼き戻し」まとめ

メンバー限定記事です
この記事の続きは、メンバー限定となります。メンバーの方は . して下さい。 新規メンバー登録

メンバーについて見てみる


現在のメンバー数:
現在の記事数:1043件(有料記事:
現在の動画数:143本(有料動画:

ジュエリー制作ロードマップ

ジュエリー制作を体系化したロードマップです。

ロードマップを見てみる

 


彫金教室やスクールを探す

彫金教室やジュエリースクール一覧

ジュエリークラフトでは、日本全国のジュエリースクールやアクセサリー教室、彫金教室を一覧でご紹介しています。都道府県やエリアで絞り込みできる他、彫金・ワックス・CAD・デザイン・石研磨・彫り留め・銀粘土やアートクレイ・天然石・ビーズ・ガラス・ハンドメイド・ビジネス等のジャンルによる絞り込みも可能です。
北海道東北
関東
中部
北陸
近畿
中国
四国
九州沖縄

閲覧履歴

彫りや刻印

彫金用タガネの「焼き入れ」と「焼き戻し」:基本工具の作り方

彫金用タガネを作る時に必要な「焼き入れ」と「焼き戻し」について、動画を交えて詳しく解説。初心者にもおすすめの赤タガネは、ヤスリで加工した後、焼き入れを行い、焼き戻しを行います。この記事では、焼き入れと焼き戻しについても、写真と動画で詳しくご紹介。

メールマガジン

選べる4種類のメールマガジンを無料でお届けしています。お好きなメルマガをお選びください。

 

<選べるメルマガ>
・【365日】誕生石マガジン
・ジュエリー制作ノウハウ
・ジュエリービジネス情報
・今週のハイライト

 
⇒メルマガの詳細を見てみる
 

購読者数:624人メルマガ:1200件

コミュニティ

「コミュニティ」は、学びたい人と、応援したい人が気軽に繋がる場です。ジュエリー・アクセサリーの制作と販売に関する疑問や悩みについて共有できます。

はじめての方へ

このサイトは、一部を除きメンバー制となっています。


メンバーについて見てみる


メンバーの方はログイン
または新規メンバー登録



現在の記事数:1043件(有料記事:
現在の動画数:143本(有料動画:
現在のメンバー数:



ログイン

[PR]材料工具1万点以上!シーフォース楽天市場店