このページに表示されている外部サイトへのリンクには広告が含まれています。

ジュエリーアクセサリーのブランド名における作り方のコツ

ブランド名の付け方のコツ ブランドの立ち上げ方

ハンドメイドでアクセサリーを作っていたり、趣味で彫金ジュエリー製作を行っている人にとって、

自分のブランドは憧れだと思います。

 

ブランド名を付けて、ロゴやマークを作り、ホームページやネットショップを立ち上げれば、それなりに形になるでしょう。

 

ただ、気を付けなければいけないのは、ブランド名は一度つけてしまうと、

後から変更するのが難しいという事です。

 

そのため、なんとなくブランド名をつけてしまうと、後から後悔するケースも少なくありません。

そこで今回は、失敗しないためのブランド名の決め方について解説致します。

 

コンセプトに合っている

当然ですが、ブランド名を決める時は、自身の「ブランドコンセプト」に合っているかどうかが重要です。

 

例えば、コンセプトが、

「シンプルで大人向けのアクセサリー」

と謳っているのに、

「カラフルジュエリー」

では、違和感があるでしょう。

 

ブランド立ち上げ時には、しっかりとコンセプト設計する事が重要です。

もし、コンセプトが曖昧な場合は、見直してみましょう

 

コンセプト設計については、下記の記事で詳しく解説していますので、合わせてご覧下さい。

⇒ジュエリーアクセサリーブランドのコンセプト設計について詳しく見る

 

唯一無二である

ブランド作家として活動を続ければ、自身のブランド名がWEBやSNSで検索される事になります。

検索しても、あなたのブランドのページが表示されなかったら、

せっかく検索したのに、あなたのブランドに辿り着けません。

 

ブランド名が他と被らず、あなたのブランドが上位表示されたら、ファンも迷わず訪れる事ができます。

 

そのため、ブランド名は、

なるべく他と被らない名前にするのが望ましいと言えます。

 

独自の名前を付けるコツ

他と被らない名前と言っても、世の中には無数にブランドが存在しています。

独自性のある名前を付ける方法に「造語」があります。

ここでは、造語を作るテクニックとその事例を解説致します。

造語4つのテクニック

気をつけたいポイント

英語は、ほぼ「カタカナ」で検索される

他言語で別の事を連想させる名前は危険

由来にストーリーがあるのは◎

有名ブランドに共通してる事

アルファベット5~10文字以内

同じアルファベットが2回以上出現

子音 (硬音)を最低1つ以上含んでいる

リサーチ方法

1.Googleフレーズ検索

2.ドメイン検索

3.SNS

4.商標検索

商標検索のやり方

ブランド名は慎重に検討しよう

メンバー限定記事です
この記事の続きは、メンバー限定となります。メンバーの方は . して下さい。 新規メンバー登録

メンバーについて見てみる


現在のメンバー数:
現在の記事数:1043件(有料記事:
現在の動画数:143本(有料動画:

ブランド作りのロードマップ

ブランド作りを体系化したロードマップです。

ロードマップを見てみる

閲覧履歴

ブランドの立ち上げ方

ジュエリーアクセサリーのブランド名における作り方のコツ

ハンドメイドでアクセサリーを作っていたり、趣味で彫金ジュエリー製作を行っている人にとって、 自分のブランドは憧れだと思います。 ブランド名を付けて、ロゴやマークを作り、ホームページやネットショップを立ち上げれば、それなりに形になるでしょう。...

メールマガジン

選べる4種類のメールマガジンを無料でお届けしています。お好きなメルマガをお選びください。

 

<選べるメルマガ>
・【365日】誕生石マガジン
・ジュエリー制作ノウハウ
・ジュエリービジネス情報
・今週のハイライト

 
⇒メルマガの詳細を見てみる
 

購読者数:624人メルマガ:1200件

コミュニティ

「コミュニティ」は、学びたい人と、応援したい人が気軽に繋がる場です。ジュエリー・アクセサリーの制作と販売に関する疑問や悩みについて共有できます。

はじめての方へ

このサイトは、一部を除きメンバー制となっています。


メンバーについて見てみる


メンバーの方はログイン
または新規メンバー登録



現在の記事数:1043件(有料記事:
現在の動画数:143本(有料動画:
現在のメンバー数:



ログイン

[PR]【STORES決済】キャッシュレスをかんたんに