アクセサリー量産仕上げのテクニック

アクセサリーまとめ仕上げのテクニック研磨と仕上げの技法

他の作家さんと差別化したい!

仕上げる数が多くて面倒!

そう悩んでいる作家さんも多いのでは?

今回は、アクセサリーの量産仕上げにおいて、まとめて作業できるテクニックをご紹介します。

 

いぶし仕上げ(古美仕上げ)

シルバーや真鍮は、薬品につけると黒く変色します。

まとめて作業すれば、効率よく仕上げられます。

写真は真鍮のいぶし仕上げ

写真は真鍮のいぶし仕上げ

 

白仕上げ

シルバー特有の白さを残した仕上げ方が「白仕上げ」です。

まとめて希硫酸で煮た後、重曹で磨くと上品な感じに仕上がります。

シルバー特有の白さを残した「白仕上げ」

シルバー特有の白さを残した「白仕上げ」

 

サンドブラスト

サンドブラスターでまとめてマット仕上げに。

手間なく、全体マット仕上げにすると、表情良く仕上がります。

サンドブラスターによるマット仕上げ

サンドブラスターによるマット仕上げ

 

金剛砂(こんごうしゃ)

準備と回収がやや面倒ですが、金剛砂による梨地仕上げもまとめて加工できます。

並べた作品に、高いところから、金剛砂と水を一緒に落として表情をつけます。

金剛砂による梨地仕上げは、サンドブラストよりも自然な風合いに仕上がります。

金剛砂による梨地仕上げ

金剛砂による梨地仕上げ

 

バレル研磨

究極の「放置」仕上げがバレル研磨です。

バレル研磨機にかければ、放置している間に他の仕事もできます。

バレル研磨による荒仕上げ

バレル研磨による荒仕上げ

 

アクセサリー量産仕上げのテクニックまとめ

今回は、アクセサリーの量産仕上げにおいて、まとめて作業できるテクニックをご紹介しました。

鏡面仕上げだけが、アクセサリーの仕上げではありません。

アイデア次第で、個性豊かな作品作りを楽しんでください。


メンバーについて

 

このサイトは、一部を除きメンバー制となっています。

メンバーについて


【365日】誕生日石マガジン

毎日の「誕生日石」と「石言葉」を、メールでお届けする無料メールマガジン。

宝石の言葉を聞いて、ハッピーな1日をお迎えください。

【365日】誕生石マガジンを見る