ジュエリーアクセサリーの量産テクニック

ジュエリーアクセサリーの量産テクニックジュエリーの技法

もっとたくさん作らないと・・・

でも、作る時間も限られてるし・・・

そう悩んでいる作家さんも多いのではないでしょうか?

 

効率よく製品を製造する方法としては、ゴム型による量産が一般的です。

しかし、まだまだ、アイデア次第で量産する方法はあります。

今回は、ゴム型以外の量産テクニックを10個ご紹介します。

 

下記の記事では、ゴム型による量産テクニックについて詳しく解説していますので合わせてご覧下さい。⇒ジュエリーアクセサリーのゴム型による量産テクニックについて詳しく見る

 

芯金に巻き付けパーツ

芯金に巻き付けパーツ量産

芯金に巻き付けパーツ量産

 

丸カンを作るように、芯金(しんがね)に素材を巻きつけてパーツを量産する方法です。

丸カンを作るように、芯金(しんがね)に素材を巻きつけてパーツを量産する方法。

芯金も色んな形があるし、ある程度の硬さがあれば、木材などでもOKです。

 

テンプレートから量産

テンプレートから量産

テンプレートから量産

 

テンプレートを作成すれば、同じ形が量産できます。

0.5mm厚の真鍮板や銅板等をくり抜いて「テンプレート」を作成します。

母材に線をケガいてカットすれば、同じ形が量産できます。

 

ディスクカッター

ディスクカッターで丸板を抜く

ディスクカッターで丸板を抜く

 

ディスクカッターは、まず、抜きたい地金をディスクカッターの間に挟みます。

抜きポンチを穴にセットしあと、ハンマーで叩くだけで地金が丸く抜ける便利な道具です。

0.5mm位の板なら、バンバン抜けます。

 

玉台と矢坊主

玉台と矢坊主で球状に成形

玉台と矢坊主で球状に成形

 

丸く抜いた板を玉台と矢坊主で加工すれば、一気に球状になります。

裏側に丸カンを付けるだけでボタンが出来上がります。

 

ワックスならもっと柔軟

ワックスならもっと柔軟に量産が可能

ワックスならもっと柔軟に量産が可能

 

ワックスは簡単に加工でき、また、溶かして液体にすることもできます。

100均で手に入る抜き型や、レジンアクセサリー用のシリコンモールドなど、

アイデア次第でいろんなデザインで量産可能になります。

 

プレス加工

プレス加工は、加工物を金型に圧着させて、金属を抜いたり、金型の形に変形させる加工方法です。

硬貨やスプーン等の製造に利用されています。

 

ラバーキャスト

アパレル雑貨、ノベルティによく利用されるラバーキャストは、通常の鋳造と違い、ゴム型に直接金属を流し込んで鋳造する方法です。

 

エレクトロフォーミング

様々な素材に、メッキを施して作る製法。

従来のエレクトロフォーミングは、大掛かりな設備が必要でしたが、

「エレクトロフォーミングジュエリー協会」の登場で、

身近な素材を用いた制作が可能になりました。

その素材の幅は広く、葉っぱ、木の実、天然石、貝殻、レース等様々です。

 

素材そのまま鋳造

通常、鋳造する際には、約700℃の電気炉で石膏(埋没材)を焼成します。

700℃位で燃え尽きるものであれば、なんでもよく、素材そのものを鋳造可能です。

石膏(埋没材)で固める際に形が変形しそうなものは、予め樹脂で硬化させておきます。

 

レーザー加工

レーザーは、抜く事も彫る事もできる万能な機械です。

近年は、低価格帯のレーザーも出てきました。

 

量産テクニックまとめ

今回は、ゴム型以外の様々な量産方法についてご紹介しました。

自分だけの量産方法と、オリジナルデザインで、他の作家さんと差別化を図っていきましょう。


メンバーについて

 

このサイトは、一部を除きメンバー制となっています。

メンバーについて


【365日】誕生日石マガジン

毎日の「誕生日石」と「石言葉」を、メールでお届けする無料メールマガジン。

宝石の言葉を聞いて、ハッピーな1日をお迎えください。

【365日】誕生石マガジンを見る