このページに表示されている外部サイトへのリンクには広告が含まれています。

ウォルトディズニーから学ぶ「ブランドの方向性」

ブランドの立ち上げ方
ブックマークする
Close

今回は、

自分のブランドをどう展開していくべきか

という本質的な解説をいたします。

 

これからブランドを作ろうと思っている方、または、

『今ブランドをやってはいるけれど、あまりうまく行っていないよー』

という方にとっても、

とても参考になる話ですので、最後までお付き合いいただければ幸いです。

 

 

ブランドの立ち上げで迷ったら、コンセプト設計手順をご覧下さい。⇒【保存版!】ブランドコンセプト設計手順!を見てみる

 

ディズニーは何屋さん?

本題に入る前に、皆さんに質問です。

 

日本のオリエンタルランドではなく、

大元のウォルト・ディズニー・カンパニーの話ですが、

ディズニーの本質的な事業は何だと思いますか?

 

パーク運営?

チケット収益?

飲食?

グッズ?

映画配給?

 

ディズニーは、色々な事業やっていますので、結構、難しい質問かもしれません。

 

ウォルト・ディズニー・カンパニーの本質的な事業

その答えは

「コンテンツビジネス」です。

 

もっと分かりやすくいうと、

「キャラクターを生み出すビジネス」です。

 

ミッキーマウスもドナルドダックも、アラジンもラプンツェルも、

もともとは、ゼロからキャラクターを生み出し、

アニメーションを作ったことでファンが生まれ、

映画がヒットしたことによって、グッズやライセンスビジネスに発展して、

パークにキャラクターが登場してきます。

 

お客さまは、映画を観てディズニーを好きになり、

キャラクターに会いに、ショーやパレードを観に、そして、アトラクションを楽しむために、

パークチケットを購入して、さらに、パーク内で飲食だったりグッズを購入したりして、

それが、ディズニーの収益に繋がっていきます。

 

ただ、そのルーツを辿っていくと、

ウォルト・ディズニーの本質的なビジネスは、

パークを運営することでも、グッズを販売することでも、飲食ビジネスでもなく

「ファンに愛されるコンテンツを生み出すこと」

といえるのではないでしょうか。

 

先ほどは、キャラクターだけのお話をしましたが、

ディズニーが生み出すコンテンツには、

キャラクターもパークも映画も含まれる

ということになります。

 

ディズニーのコンテンツには「付加価値」がたくさんあります。「付加価値」については下記の記事で詳しく解説していますので合わせてご覧下さい。⇒ブランド独自の付加価値は「コト」から考える を見てみる

 

戦略ドメインについて

この、企業がビジネスを行う上で、根幹となっている考え方を

「戦略ドメイン」といいます。

 

また難しい単語が出てきましたね。

戦略ドメインのドメインとは、

「領域・範囲」という意味で、

インターネット上のドメインとは異なります。

 

事業を展開していくうえで、

何を、誰に、どのように提供して利益を出していくか

というような概要を、

ざっくりと定義するものです。

 

事業ドメインという言葉もありますが、

戦略ドメインが、企業全体を指すのに対して、

事業ドメインは、個々の事業単位で表したもので、

 

先ほどのディズニーの例でいうと、

 

戦略ドメインが、

「ファンに愛されるコンテンツを生み出すこと」

 

事業ドメインが、

・ディズニーパーク
・映画配給
・ライセンスビジネス 

などになります。

 

私達のような、小規模事業者や個人事業主にとってみれば、

 事業ドメイン = 戦略ドメイン になります。

 

アメリカの鉄道事業の話~

この戦略ドメインを、もっと分かりやすく例として

アメリカの鉄道事業の話が有名ですので、ご紹介いたします。

 

昔のアメリカの鉄道会社は、

自分たちの事業を、移動するための手段として単に「鉄道(モノ)」と定義していました。

 

しかし、自動車や船、飛行機など、鉄道に代わる移動手段が発達したことで、

人が移動する手段は増え、鉄道会社は衰退していったというお話です。

 

もし、鉄道会社が、移動するだけでのモノではなく

「あらゆるものを運ぶサービス」としていれば、もっと事業の幅は広がっていたはずです。

 

戦略ドメインは、自分の強みと弱みから導き出します。下記の記事では、強みと弱みを見つけるための分析方法について解説していますので合わせてご覧ください。⇒新しいチャンスを見つけるための「SWOT分析」とは? を見てみる

 

必要な2つのこと

ここまで、戦略ドメインの話として、ディズニー鉄道会社の話を挙げました。

 

ディズニーの戦略ドメインは、
「ファンに愛されるコンテンツを生み出すこと」

 

鉄道会社の例は、
「あらゆるものを運ぶサービス」  

 

これらに共通することが2つあります。

それは、いずれも、自分の強みを基盤としているということ、

そして、顧客のニーズをくみ取っているということです。

 

ディズニーは

キャラクターやディズニーパークを生み出す、

という強みと、キャラクターが好きな顧客のニーズが重なっていますし、

 

鉄道会社は

人やモノ、思い出などの顧客のニーズを、自分達が運ぶという強みに重ねています。

 

つまり、

モノやサービスという形をただ、顧客に提供するのではなく、

もっと本質的な顧客のニーズに合わせて、戦略ドメインを作る、

ブランドの方向性をざっくりと定義する

ということになります。

 

自分のブランドとお客さまとのニーズを探るのが「3C分析」です。「3C分析」については下記の記事を参考にしてください。⇒「3C分析でブルーオーシャンを見つける」を見てみる

 

お客さまのニーズの本質

これをジュエリーに置き換えると、

ジュエリーという眼に見えるモノにこだわらないで、

もっと、「お客さまのニーズの本質を捉える」ということになります。

 

 <ジュエリーの本質>

・オシャレに見られたい
・かっこよく見られたい、モテたい
・ステータスをアップして自信をつけたい
・思い出や記念になるものが欲しい
・優越感に浸りたい
・身につけると安心するものが欲しい
・頑張ったごほうびとして達成感を得たい
・相手の喜ぶ顔を見たい

 

などの、本質的なニーズから戦略ドメインを決定すると、

これまでの、モノを売るという考えが180度変わります。

 

ジュエリーだけが持っている7つの本質を下記の記事にまとめてありますので合わせてご覧下さい。⇒ジュエリーだけが持っている「7つの魅力」とは? を見てみる

 

モノを売るのをやめる

オシャレに、カッコよく見られたいというニーズに重ねるならば、

お客さまの好みからのジュエリー提案という、逆の発想での提案も可能ですし、

オシャレな、あるいはカッコいい見せ方、などを記事にまとめて、

メディアとして配信してもいいわけです。

 

思い出や記念になるもの、自分に寄り添ってくれるものが欲しい、のようなニーズに重ねるならば

「思いを形に変えるサービス」

などとドメインを定義して、

ジュエリーというものだけではなく、

写真撮影のサービス、記念日ごとに思い出づくりの提案やイベント企画など、

幅広い分野でアプローチできることになります。

 

このように、モノにこだわらず、顧客のニーズをより汲み取ったビジネスとなって、

もっと自由な発想で事業が展開できるのではないでしょうか。

 

また、毎日、たくさんの情報に晒されているお客さまは、

広告宣伝や過度なPRやセールスなどの売り込みを嫌いますので、

戦略ドメインをしっかり定義することは、

「売り込まない提案」となり、お客さまの信頼にも繋がります

 

下記の記事では、モノを売る以前に「信用」が大事だという事を解説していますので合わせてご覧ください。⇒「何を買うか、ではなく、誰から買うか」を見てみる

 

ブランドの方向性まとめ

今回は、ディズニーの本質的な戦略ドメイン

「ファンに愛されるコンテンツを生み出すこと」

から、

 

自分の強みと、お客さまのニーズが合致する

あなたのブランドだけの戦略ドメイン

を作っていきましょう、

という解説をさせていただきました。

 

この話が少しでもお役に立てれば幸いです。

 

下記の記事では、作品のクオリティを高める方法について解説していますので合わせてご覧ください。⇒「作品のクオリティを簡単に上げる方法とは」を見てみる

ブランド作りのロードマップ

ブランド作りを体系化したロードマップです。

ロードマップを見てみる

閲覧履歴

ブランドの立ち上げ方

ウォルトディズニーから学ぶ「ブランドの方向性」

今回は、 自分のブランドをどう展開していくべきか という本質的な解説をいたします。 これからブランドを作ろうと思っている方、または、 『今ブランドをやってはいるけれど、あまりうまく行っていないよー』 という方にとっても、 とても参考になる話...

メールマガジン

選べる4種類のメールマガジンを無料でお届けしています。お好きなメルマガをお選びください。

 

<選べるメルマガ>
・【365日】誕生石マガジン
・ジュエリー制作ノウハウ
・ジュエリービジネス情報
・今週のハイライト

 
⇒メルマガの詳細を見てみる
 

購読者数:554人メルマガ:1102件

コミュニティ

「コミュニティ」は、学びたい人と、応援したい人が気軽に繋がる場です。ジュエリー・アクセサリーの制作と販売に関する疑問や悩みについて共有できます。

はじめての方へ

このサイトは、一部を除きメンバー制となっています。

無料メンバー登録

メンバーの方はログイン
または無料メンバー登録

メンバーについて


現在の記事数:1022件(有料記事:
現在の動画数:143本(有料動画:
現在のメンバー数:



ログイン

[PR]販売手数料0円!毎月定額のネットショップ作成サービス