このページに表示されている外部サイトへのリンクには広告が含まれています。

ブランド独自の付加価値は「コト」から考える

ブランドの立ち上げ方
ブックマークする (1)
Close
[私のブックマーク] 

商品やサービスが無数に溢れかえっている現代、

お客さまは、日々、たくさんの情報に触れています。

 

『売ろう』という表現が強ければ強いほど、

モノが売れないという悪循環になります。

 

ひと昔前から、

モノ ではなく コト が大事

と言われてきましたが、

 

この「コト」は、体験とかサービスという意味とは違って、

お客さまの内面に寄り添ったもの”

になります。

 

そこで、今回は、「コト」について詳しく分解して解説するとともに、

どうすれば、お客様に寄り添った売り方ができるのか解説致します。

 

特に、

『販売活動を始めたんだけど、ぜんぜん売れない』

悩んでいる作家さんにとってはとても役立つ情報ですので、

どうぞ最後までご覧ください。

 

下記の記事では、ブランドコンセプト設計の流れを体系化してご紹介していますので合わせてご覧下さい。⇒【保存版!】ブランドコンセプト設計マニュアル を見てみる

 

お客さま目線でビジネスを考える

SNSやネットショップが誰でも立ち上げられるようになった今、

インスタを上手に活用してネットショップで販売したり、

あるいはミンネやクリーマなどで売上を伸ばしている人がいる一方で

「売れない」と悩んでいる人は、とても多いと思います。

 

冒頭でもお話した通り、

今は、商品やサービスが無数に溢れかえっていますし、

お客さまは、日々たくさんの情報に触れていますので、

「売り込まれる」ということに対して、非常に感度が高いといえます。

 

ひと昔前であれば、

・何を
・誰に
・いくらで売るか

という簡単なビジネスモデルで良かったのですが、

モノや情報が溢れている現代においてのお客さまの購買行動が

悩み事や困っている事を解決したり、興味のある事を深める事によって、

 

“心の豊かさや充足感を求めるために、モノを買う”

あるいは、

“サービスを利用する”

 

といった行動に変わってきているわけです。

 

その結果、

・何を
・誰に
・いくらで売るか

 

ではなく、

お客さまの「コト」を解決するお手伝いをする

あなた独自の付加価値をつける

お客さま目線で考える

メンバー限定記事です
この記事の続きは、メンバー限定となります。メンバーの方は . して下さい。 メンバーについて

無料メンバー登録


メンバーの皆さま:現在
現在の記事数:886件(有料記事:
136本の動画

閲覧履歴

ブランドの立ち上げ方

ブランド独自の付加価値は「コト」から考える

商品やサービスが無数に溢れかえっている現代、 お客さまは、日々、たくさんの情報に触れています。 『売ろう』という表現が強ければ強いほど、 モノが売れないという悪循環になります。 ひと昔前から、 モノ ではなく コト が大事 と言われてきまし...