このページに表示されている外部サイトへのリンクには広告が含まれています。

彫金における「ロウ付け」の基礎知識

溶接と溶解の技法
ブックマークする
Close

ロウ付けの対象物が大きくても小さくてもロウ付けが成功するには条件があります。

また、ロウ付けの方法にもやり方がありますので解説致します。

 

接着面

ロウ付けは、溶けたロウが「毛細管現象」によって流れる事で溶接されます。

そのため、ロウ付けする面に隙間がないよう注意します。

また、表面が酸化していたり、フラックスがしっかり塗ってある事も確認します。

彫金のロウ付けに必要な接着面の条件

接着面には隙間がないことを確認

熱の伝わり

シルバーは特に、熱伝導率が高いため、直接ロウに火を当てずに、周りから温めるようにして火を当てていきます。

また、体積の違うものは大きい方を温めるようにしてあげましょう。

彫金の溶接で必要なロウ付け方法

シルバーは周りから温めるようにして火を当てる

基本のロウ付け方法3つ

「置きロウ」「半溶かし」「差しロウ」の3つの方法でロウ付けできるようになりましょう。

彫金のロウ付けテクニック基本の3つ

彫金のロウ付けテクニック基本の3つ

ロウ付けの基本まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、彫金のロウ付けにおいて必要な条件と、基本のロウ付けテクニックを3つご紹介しました。

対象物が大きくても小さくても、今回の基本的な条件が当てはまります。

もし、ロウ付けがうまくいかない、と感じたら、この記事を改めて確認して頂き、ひとつひとつの条件をチェックしてみて下さい。

 

下記の記事では、動画を交えて詳しく解説していますので合わせてご覧下さい。⇒ロウ付けがうまくいく2つのコツについて詳しく見る

ジュエリー制作ロードマップ

ジュエリー制作を体系化したロードマップです。

ロードマップを見てみる

 


彫金教室やスクールを探す

ジュエリースクールやアクセサリー彫金教室一覧

ジュエリークラフトでは、日本全国のジュエリースクールやアクセサリー教室、彫金教室を一覧でご紹介しています。都道府県やエリアで絞り込みできる他、彫金・ワックス・CAD・デザイン・石研磨・彫り留め・銀粘土やアートクレイ・天然石・ビーズ・ガラス・ハンドメイド・ビジネス等のジャンルによる絞り込みも可能です。
北海道東北
関東
中部
北陸
近畿
中国
四国
九州沖縄

閲覧履歴

溶接と溶解の技法

彫金における「ロウ付け」の基礎知識

ロウ付けの対象物が大きくても小さくてもロウ付けが成功するには条件があります。 また、ロウ付けの方法にもやり方がありますので解説致します。 接着面 ロウ付けは、溶けたロウが「毛細管現象」によって流れる事で溶接されます。 そのため、ロウ付けする...

メールマガジン

選べる4種類のメールマガジンを無料でお届けしています。お好きなメルマガをお選びください。

 

<選べるメルマガ>
・【365日】誕生石マガジン
・ジュエリー制作ノウハウ
・ジュエリービジネス情報
・今週のハイライト

 
⇒メルマガの詳細を見てみる
 

購読者数:554人メルマガ:1102件

コミュニティ

「コミュニティ」は、学びたい人と、応援したい人が気軽に繋がる場です。ジュエリー・アクセサリーの制作と販売に関する疑問や悩みについて共有できます。

はじめての方へ

このサイトは、一部を除きメンバー制となっています。

無料メンバー登録

メンバーの方はログイン
または無料メンバー登録

メンバーについて


現在の記事数:1022件(有料記事:
現在の動画数:143本(有料動画:
現在のメンバー数:



ログイン

[PR]【楽天ポイント】シルバー地金が168円~