このページに表示されている外部サイトへのリンクには広告が含まれています。

【全37種】石留めの種類と技法を紹介!ころし留めや伏せ込みなど解説!

ジュエリー制作石留めの種類と留め方の概要 石留め
ブックマークする (2)
Close
[私のブックマーク] 
この記事には、印刷用に最適化されたPDF資料があります。

 

ジュエリー制作において、石留めの技法は、爪留めや覆輪(フクリン)留め、伏せ込みなどたくさんあります。

 

デザインによっては、どうやって石留めすればいいか判断が難しい場合もあり、

石留めしてしまってからは、後戻りできません。

そこで今回は、ジュエリー制作に必要な、

石留めの種類37種と、その留め方の概要

についてまとめました。

 

制作する際の参考にしていただければ幸いです。

 

ナレッジベースでは、石留めの名称と写真・要点のみまとめてあります。すぐチェックしたい方はナレッジベースをご利用下さい。⇒「石留めの種類と技法の概要」を見てみる

 

留め方は大別して3パターン

ジュエリーの石留めには、いろんな留め方がありますが、まとめると、次のように大きく分けて3パターンになります。

①爪で留める
②地金で留める
③その他の留め方

 

さらに、これら3つの留め方から、さらに枝分かれしていくイメージです。

石留めの種類

石留めの種類イメージ

 

ここから、ひとつずつ解説してまいりますが、

「MENU|メニュー」から、目的の石留め技法を見つけることもできます。

ぜひご活用ください。

 

 

下記の記事では、宝石のカット全25種類について、画像付きで詳しく解説していますので合わせてご覧下さい。⇒「【全25種】宝石のカット種類一覧」を見てみる

 

①爪で留める方法

はじめに、最もポピュラーな留め方が、爪留めです。

海外では「プロング・セッティング」「クロー・セッティング」とも言われます。

 

石が乗る台座と、その周りに2本以上の爪を立てた「石座(シャトン)」を制作し、その爪を倒して石留めを行います。

 

最も代表的な爪留めに「ティファニーセッティング(ティファニー爪)」があります。

画像出典:https://www.etsy.com/

 

エンゲージリング(婚約指輪)の代表的な留め方となっていて、あらゆる方向から光が入り、ダイヤモンドの輝きをより一層引き立てる事ができる留め方です。

 

爪留めは2種類に大別できる

ジュエリー制作の爪留めには大きく分けて2種類あります。

一つ目は、

1個石や中石向けの爪留めです。

 

もう一つは、

メレ石を留めるための爪留めです。

・1個石や中石向けの爪留め
・メレ石を留めるための爪留め

ここからは、ひとつずつ解説してまいります。

 

下記の記事では、宝石の耐久性とモース硬度について解説していますので合わせてご覧下さい。⇒「ジュエリー制作時は要注意!宝石の耐久性とモース硬度について」を見てみる

 

中石向けの爪留め

まずは、1個石や中石(メインストーン、センターストーン)向けの爪留めです。

爪の形状で、製品の印象がガラリと変わりますので、

石やデザインのバランスを見て、爪の形状を検討します。

 

立爪

「立爪」は、ラウンド・ブリリアント・カットの1個石に多く使われている留め方です。

石を高く持ち上げて、爪を倒して挟み込んで石留めします。

爪の本数は4本または6本が主流で、爪の間からたくさん光が入り、石がより美しく輝く留め方です。

光を多く取り込める立爪

光を多く取り込める立爪

 

カテドラルセッティング

「カテドラルセッティング」は、石を高い位置に持ち上げて、両脇をスロープで支える留め方です。

エレガントな印象に仕上がります。

エレガントな印象

エレガントな印象

 

鬼爪、わし爪

宝石から飛び出したような大きな爪の事を「鬼爪(おにづめ)」と言います。

鬼爪をアレンジして、鷲のクチバシのような形状のものを「わし爪」と言います。

パールや珊瑚など球体の宝石にも多く見られます。

 

宝石から飛び出したような大きな鬼爪(AI画像)

宝石から飛び出したような大きな鬼爪(AI画像)

鷲のクチバシのようなわし爪

鷲のクチバシのようなわし爪

 

おがみ爪(ふくろ爪)

マーキスカットやペアシェイプカットのように、尖った部分がある宝石に主に使用される爪留めの方法で、尖った部分を包み込むようにして留める方法です。

尖った部分はぶつけやすく、石によっては欠けやすいウィークポイントになります。

尖った部分をしっかり覆ってあげる事で強度を高め、使いやすく、長く愛用できるようにします。

石の強度を高めるふくろ爪(AI画像)

石の強度を高めるふくろ爪(AI画像)

石の尖った部分を覆っている

石の尖った部分を覆っている

 

けん爪

ヒスイやオパールなど、比較的、高価なカボションカットの色石やパールに多く見られる爪留めの形状です。

爪の断面が、やや三角形になるため「三角爪(さんかくづめ)」とも呼ばれます。

カボションカットに多い「けん爪」(AI画像)

カボションカットに多い「けん爪」(AI画像)

先端がやや三角形になる

先端がやや三角形になる

 

丸爪、並爪

ごく普通に使用される爪留めの形状で「並爪(なみづめ)」とも呼ばれています。

爪があまり目立たず、丸みを帯びているため丸爪と呼ばれます。