ジュエリー制作ロードマップ|貴金属加工|ろう付け

貴金属加工(手作り加工)に関する基礎知識のうち、ろう付けに関するノウハウをまとめました。

ロウ付け(ろう付け)とは、金属と金属とを溶接する方法です。

このセクションでは、ジュエリー制作において欠かす事ができない「ろう付け」の技法についてご紹介しています。

 

 \ ↓道に迷ったらこちら↓ /

ロードマップ|トップページ
基礎知識
│ ├ 素材
│ │ ├ 貴金属
│ │ ├ 宝石
│ │ ├ 伝統素材
│ │ └ 部材やパーツ
│ ├ 工具知識
│ ├ 環境設備
│ ├ 製品知識
│ └ 宝飾史
デザイン
│ ├ デザイン基礎
│ ├ 発想アイデア
│ ├ デザインツール
│ └ 制作プロセス
│ │ ├ 一点物
│ │ └ 量産品
├ 制作
│ ├ 貴金属加工
│ │ ├ 地金どり
│ │ ├ 測定や製図
│ │ ├ 切断や穴あけ
│ │ ├ 熱処理と硬化
│ │ ├ ろう付け
│ │ ├ 各種部材作成
│ │ │ ├ 基本の指輪
│ │ │ ├ 基本のパーツ
│ │ │ └ 基本の石座
│ │ ├ 線の表情
│ │ ├ 彫りや刻印
│ ├ ワックスモデリング
│ └ その他加工
量産化
石留め
仕上げ
彫金(彫り)
伝統技法

ろう付けとは?

彫金の溶接に必要なろうの種類について

ロウの種類

貴金属素材とろう材の組み合わせ表

彫金におけるろう付けの基礎知識

ロウ付けの基本知識「3つのポイント」

ろう付けのやり方3つの基本テクニック

ろう付けがうまくいく2つのコツ

メンバー限定記事です
この記事の続きは、メンバー限定となります。メンバーの方は . して下さい。 メンバーについて

新規メンバー登録


現在のメンバー数:
現在の記事数:1030件(有料記事:
現在の動画数:143本(有料動画:

ログイン

[PR]この場所に広告が表示できます。