初心者向け!ロウ付けに必要なバーナーのおすすめは?【動画解説あり】

ロウ付けに必要な初心者向けのバーナー工具と材料

ロウ付けや地金の溶解に必要なバーナーについて、

今回は、初心者におすすめの商品をご紹介します。

 

なお、この記事の後半では、実際に使用した様子を動画でご紹介していますので、ぜひ最後までご覧下さい。

 

ハンドバーナー「プリンス GB-2001」

 

「プリンス GB-2001」は、細口タイプで、空気量も調節できる本格派なガストーチです。

細かなロウ付けも安心して作業できます。

自宅でも安心して使えますので、初心者の方には特におすすめです。

 

補充用ガスボンベは1本300円程度

「プリンス GB-2001」の補充用ガスボンベは1本約300円と経済的です。

 

 

補充の仕方も簡単です。

ガスライターのように、ガスボンベからガスを充てんして使用します。

ハンドバーナー「プリンス GB-2001」ガス注入口 ハンドバーナー「プリンス GB-2001」ガス入れ方

 

ただし、大きな作品のロウ付けなどに使用していると、やや消耗が速いです。

大きな作品のロウ付けには、次にご紹介する

ハンドバーナー「プリンス GT-8000」

が向いています。

 

ハンドバーナー「プリンス GT-8000」

 

ハンドバーナー「プリンス GT-8000」は、鋭角で強力な炎で安定して得られます。

大きな作品や、地金の溶解に向いています。

「GB-2001」の次に揃えたいバーナーです。

 

なお、この記事後半の動画では「GT-5000」を使用していますが、「GT-8000」は空気量も調節可能ですので、これから買われる方は、迷わず「GT-8000」を選びましょう。

 

補充用ガスボンベ

補充用のガスボンベは、1本約500円位になります。

 

 

 

地金を溶解する場合は、ガスを多く使いますので、

1本程度余分に持っておいた方が良いと思います。

 

ブローパイプ

 

 

ここまでハンドバーナーをご紹介しましたが、

ガスが引ける方はブローパイプ一択です。

 

ブローパイプには、2つの管があります。

1つはガス用、もう一つはエアーポンプに接続します。

 

ガスには、「LP用」と「都市ガス用」がありますので注意しましょう。

細かなロウ付けから、地金の溶解まで、空気の調整によって自在に炎が得られます。

ガスが引けない人も、下記のようなガス供給器を使用する事でブローパイプが使えるようになります。

 

ガスが引けない人は「簡易ガス供給器」

 

 

簡易ガス供給器があれば、

屋内でプロパンガスが置けない場合でも、ブローパイプを使用できます。

 

3重ガスもれ防止シール採用で、安全に使用できます。

専用のガスボンベ(BP-450)は、1本700円位になります。

最長で連続6時間程度使用できます。

 

 

酸素バーナー

 

 

酸素バーナーを扱う為には、

「ガス溶接技能講習」

を受ける必要があります。

たくさんの地金を溶解したり、プラチナをロウ付けする際には必須になります。

 

4種類のバーナーを動画で確認

この動画では、4種類のバーナーをご紹介しています。

なお、記事でご紹介したハンドバーナー「プリンス GT-8000」ではなく、「GT-5000」を紹介していますが、火力は同じくらいです。

参考までにご覧ください。

 

ロウ付けに必要なバーナーまとめ

今回は、初心者向けに、ロウ付けに必要なバーナーのおすすめ商品をご紹介しました。

ハンドバーナーがあれば、自宅でも安心してロウ付け作業ができます。

これから買われる方は、まず、

ハンドバーナー「プリンス GB-2001」を買うと良いでしょう。


メンバーについて

 

このサイトは、一部を除きメンバー制となっています。

メンバーについて


【365日】誕生日石マガジン

毎日の「誕生日石」と「石言葉」を、メールでお届けする無料メールマガジン。

宝石の言葉を聞いて、ハッピーな1日をお迎えください。

【365日】誕生石マガジンを見る